So-net無料ブログ作成
検索選択

小さな春み~つけた! [気にいった風景]

小さい春 (60x54).jpg 今週の日曜日、少し寒い日でしたが、春を探しに出掛けました。

まずは、笠寺観音様の隣の「笠寺公園」の梅園の梅の開花の様子を見に行きました。

全体的には、ほとんどの木が蕾の状態でしたが

IMG_2226 (640x480).jpg 

 

一部、花を咲かせている木も見つかりました。

ちょうど紅白の花を咲かせていて、縁起が良かったです。

IMG_2231 (640x480).jpg

 

IMG_2235 (640x480).jpg 

 

 

この後、熱田のイオンで買い物をしてから、近くの 「鶴舞公園」に出かけました。 

公園の中を吹く(福)風はとても冷たかったのですが、

日差しと花々に小さな春を見つけることができました。

菜の花

IMG_2270 (640x481).jpg

 

パンパスグラス 

IMG_2283 (640x480).jpg

 

IMG_2296 (300x225).jpg

 

シナマンサク

IMG_2303 (640x480).jpg

 

ハマメリス インターメディア 

IMG_2311 (640x480).jpg

 

マンゲツロウバイ

IMG_2313 (640x480).jpg

 

 

他にも、公園内では色とりどりの花々の演出が私たちを楽しませてくれました。

IMG_2278 (640x480).jpg

 

IMG_2321 (640x480).jpg

 

IMG_2273 (480x640).jpg

 

帰り道、こんな可愛い種(実)が舞いころがっていました[かわいい][かわいい]

 IMG_2327 (640x480).jpg

 

そして、その日の夜は、「菜の花カレー」と「春キャベツのトマトスープ」で

[るんるん]春ディナー[るんるん]を楽しみました。

IMG_2333 (640x480).jpg 

 

by phirochiki & mhirochiki


(^^)v(129)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

春♫キャベツ [レシピ]

前回の「菜の花」料理に続き、春の旬の食材料理の第二弾は

甘くてシャキシャキした食感の「春キャベツ」料理をアップします。

これが、今回使った春キャベツです[かわいい] 

春キャベ1.jpg

 

 

まずは、「塩昆布漬け」です。

いつもは、白菜を使って作っていますが、今回は春キャベツを使いました。 

春キャベ2.jpg

 

手で大きめにちぎった春キャベツ、塩昆布、生姜(チューブ)、ポン酢を

軽くもんで混ぜたら出来上がり。 

春キャベ3.jpg 

 

春キャベ4.jpg

 

 

次は、「棒棒鶏サラダ」です。

茹でてさいて冷ましたササミと千切りにした春キャベツを

胡麻ドレッシング+豆板醤で和えたら出来上がり。

春キャベ5.jpg

 

春キャベ6.jpg

 

 

次は、「ペペロンチーノ」です。

春キャベツは、「芯」の部分を使いました。

カットしたエビをオリーブオイル+にんにく(チューブ)で炒め

火が通ったら春キャベツを加え、茹でたパスタを混ぜて

仕上げに七味を加えたら出来上がり。 

春キャベ7.jpg

 

春キャベ8.jpg

 

 

〆は、「チャンプル」です。

カットして水気を切った豆腐を胡麻油で焼いておく。

大きめにカットした春キャベツを胡麻油で炒め

麺つゆ+しょうゆ麹も加えてさらに炒め、その上に焼いた豆腐をのせ

鰹節をかけたら出来上がり。 

春キャベ9.jpg

 

春キャベ10.jpg

 

 

それでは、[かわいい]春キャベ料理[かわいい] いただきます[レストラン] 

春キャベ11.jpg

 

by phirochiki & mhirochiki


(^^)v(123)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

熱田神宮 祝1900 [気にいった風景]

熱田 (60x54).jpg 昨日は、mhirochikiの母が 「熱田神宮」へお参りに行きたいということで

いっしょに出掛けてきました。 

我が家は、2011年12月ぶりの参拝です。

その時は初めて正門をくぐりましたが、今回は東門から境内に入りました。 

いつ来ても、境内に一歩足を踏み入れると空気が変わり、厳かな気持ちになります。

 IMG_2141 (640x475).jpg

 

 

IMG_2143 (640x480).jpg

 

 

広い広い境内の参道の両側に立ち並ぶ木々の中には

おもいしろい形、表情をしている木々も目につきました。

このまま倒れるんじゃないかなと心配になります。 

IMG_2145 (640x480).jpg

 

 

もう少しで草に覆い隠されそうな木もありました。

IMG_2147 (640x479).jpg

 

 

113年に創建され、今年創祀1900年を迎えたということもあり

大勢の方がお参りに来ていました。 

IMG_2154 (640x480).jpg

 

 

参道には、その1900年の歴史がパネルで紹介されていました。

IMG_2155 (640x480).jpg

 

 

本宮で参拝をすませ 

IMG_2160 (640x480).jpg

 

 

よく熱田神宮にお参りに来ている母に案内され、本宮の裏の杜の中を散策しました。

そこには、「お清水」といって湧水の中に楊貴妃の石塔の一部との説のある苔石があり

その石に願いを込めて三度水をかけると願いが叶うといい

肌を洗えば綺麗になるという伝説のスポットがありました。 

ママmhirochiki&娘dhirochikiは、この後綺麗になったかな・・・???

IMG_2166 (300x225).jpg

IMG_2162 (233x320).jpgIMG_2165 (240x320).jpg

 

 

おいしい空気を吸いながら散策したせいか、小腹がすいてきました。

境内にある「清め茶屋」さんに立ち寄り 

IMG_2181 (640x480).jpg

 

やっぱり熱田名物きよめ餅のセット「抹茶・きよめ餅」と「ぜんざい」をいただきました。

IMG_2175 (320x240).jpgIMG_2177 (320x240).jpg

 

 

そして、お土産に縁があるのか かわいい顔をした小さな小さな七福神様の置物を買ってきました。 

IMG_2185 (640x480).jpg 

さて、3月は、どなたのところに行こうかな。 

 

by phirochiki & mhirochiki


(^^)v(107)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

十六穀ごはん [レシピ]

十六穀アイコン (57x60).jpg 本日は、お米に混ぜて炊くだけで簡単にできる

「十六穀ごはん」を使った料理をアップします。

(今回は、途中経過がなくてすいません。) 

十六穀米1.jpg

 

炊きあがったこの「十六穀ごはん」をそのまま使って作りました。

十六穀米1.5.jpg

 

 

まずは、「サラダ」

薄切りにしたかぶと細切りにしたかぶの茎を塩昆布とポン酢で和えて 

ドレッシングをまぶして丸めた十六穀ごはんをのせたら出来上がり。 

十六穀米2.jpg

 

 

次は、「卵焼き」

溶き卵と十六穀ごはん、中華の素を混ぜて焼いたら出来上がり。 

十六穀米3.jpg

 

 

そして、「カレーいなり」

水+カレー粉+麺つゆで油揚げを煮込み、出汁を絞って

十六穀ごはんを詰めたら出来上がり。 

十六穀米4.jpg

 

 

それでは、「十六穀ごはん三昧」いただきます[るんるん][るんるん][るんるん]

十六穀米5.jpg

 

 

[かわいい]おま[かわいい]

久しぶりに、十六穀でパンを作りました。

塩を少し多めに加えて食パンを焼いてみました。 

十六穀米6.jpg

 

十六穀米7.jpg

 

香ばしい香りがして、十六穀の食感もおもしろかったです。 

十六穀米8.jpg

 

by phirochiki & mhirochiki


(^^)v(120)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

三番目の名古屋七福神 [気にいった風景]

毘沙門天アイコン (60x51).jpg 本日は、名古屋七福神めぐり第三弾をお届けします。

名古屋の繁華街栄を北の方に行くと、「袋町」という地名の繊維問屋街があります。 

その問屋街のビルの間に 

毘沙門天1.jpg

 

 

ひっそり構えている 「福生院(ふくしょういん)」 が見えてきます。

その地名から、「袋町のお聖天様」とも呼ばれいるそうです。 

毘沙門天2.jpg

 

毘沙門天3.jpg

 

毘沙門天4.jpg

 

 

大きな赤い山門をくぐると、こじんまりとした境内の中に

毘沙門天5.jpg

 

毘沙門天6.jpg

 

 

「毘沙門天様」が祀られています。

毘沙門天7.jpg

 

 

網が張ってあるので、覗きこまないとそのお顔を拝むことができませんでした。

 毘沙門天8.jpg

 

毘沙門天9.jpg

 

 

毘沙門天様は、恐い形相をイメージしていましたが、

 毘沙門天19.jpgこんなイメージです。(こちらの毘沙門天様もこの福生院に祀ってありました)

 

やさしい笑みを浮かべたなかなかの美男子でした。

毘沙門天10.jpg

 

 

詰所の屋根瓦には、槍の軒先が掘られていました。

毘沙門天11.jpg毘沙門天12.jpg

 

 

境内の別の場所には、福袋の「なで石」と縁結びの「金のわらじ」がありました。

もちろん、しっかりとなでてきました。 

毘沙門天13.jpg毘沙門天14.jpg

 

 

山門前の狛犬の台座には、大根と福袋が描かれていました。 

毘沙門天15.jpg     毘沙門天16.jpg

 

 

3つ目の御朱印をいただき、次はもう少し暖かくなってからお参りに行きたいと思います。 

毘沙門天17.jpg毘沙門天18.jpg 



by phirochiki & mhirochiki


(^^)v(116)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog